着回すのではなくお気に入りのコーデで

最近、ミニマリストという言葉をよく耳にするようになりました。

私も多くのミニマリストの方に影響されて、
ちょっとずつ持っているものを見直すようにしています。

とくに洋服は
なぜか捨てられないものが多かったので
ときどき見直しをしています。

それでも、捨てようかどうかと悩んでしまうものもあり
何度も何度も考えながら見直しをしています。

少ない服で上手に着回しをすることが大事!
と思っていたのですが
実はそうではないことに最近気が付きました。

このスカートにはぜったいにこのセーターかシャツだ!
というお気に入りのコーディネートがあることが分かったんです。

いつもとは違うコーデにして出かけてみると
なんだかしっくりこなくて
結局、その1日あまり気分がよくなかったりもする。

そんなわけで、少ない服を着こなすのは
着回しではなくて、本当にすきなコーデでいることが
一番大切なのだと考えているのです。